Créer mon blog M'identifier

資格は何が必要なのか知らない人は事前

Le 9 janvier 2014, 09:45 dans Humeurs 0

もう一つ、飲食店のオーナーの場合一店舗で細々とやっていくのなら人柄、料理の腕前である程度やっていけます。今までいた会社も応援してくれる(ほっといてくれる)でしょう(数千万単位のお金を動かす程度なので)そして家庭的なパパも両立できるかもしれません。 同じように100店舗や200店舗を目指すなら人柄や料理の腕前だけでは出来ません。(数十億、数百億単位のお金を動かすのです。)今までいる会社はいろんな汚い手で邪魔してくるし、自分も手を汚してのし上がって行かないとなりません。家庭をかえりみないビジネスマンになってしまうかもしれません。運動会にいけないパパになるかもしれません。 そんなことが出来るご主人かどうかはあなたが判断してください。
私は中卒で海外の取引先とも輸出、輸入で英語や中国語でやり取りしてます。特に外国語の勉強はしてません。資格も運転免許程度しかありません。資格に関しては気にしなくても大丈夫、やる気だけです。不況による給料の伸び悩みや、開業計画書 倒産、リストラなどという問題が増えている昨今、自分の腕次第で大きく稼ぐことが出来る飲食店開業は、サラリーマンを中心に密かなブームとなっているようです。しかし、飲食店開業は決意した翌日から、誰でもすぐに飲食店開業できるという簡単な話ではありません。 飲食店開業の資格に、経理の免許を取得しておくと良いという噂も耳にします。飲食店開業の資格を所得して、グルメ雑誌で人気の飲食店開業にチャレンジしてみましょう。飲食店開業準備を考える前に、まずは飲食店開業に必要な資格や申請について学んでみましょう。 飲食店開業の資格といえば、誰でもすぐに思い浮かぶのが調理師免許ではないでしょうか。飲食店開業を見据え、必要な調理師免許を所得するためには、色々な勉強が必要だと聞きます。少し目線を変えて、飲食店開業をサポートするコンサルタント事業の為の資格なんていうのも、需要が多くてよいかもしれませんね。人通りのある最適な立地で、他に類をみないような美味しい料理を提供し、店がどんなに繁盛していても、ずさんな経理では長続きできず、先行き行き詰まってしまうかもしれません。また、フードコーディネーターなどの資格は、斬新なアイデアを生む為にも飲食店開業に必要と言っても良いようです。飲食店開業には必要な資金や、料理の腕は当然のことながら、必要な資格所得もあると聞きます。飲食店開業する為に必要な資格はたくさんあるそうなので、サイトの情報を参考にしながら、自分に必要な資格所得を目指してみましょう独立したい!そしてやっと資金も貯まったからこれから独立しよう!あれ?でも開業資金は調達できたけど、開業するのって資格とかいるの?
そんな疑問を解決したいと思います。せっかく独立して開業するためにお金を用意したのですから、このまま一気に開業したいところですよね。資格は何が必要なのか知らない人は事前に確認しておきましょう。 飲食店を開業される方は食品衛生責任者という資格が必要となります。この食品衛生責任者という資格を持っている人がお店に最低1人いないと開業することが飲食店 開業資金 できません。簡単な講習を受ければ取得できる資格なので、そこまで難しく考える必要はありませんが、絶対必要な資格です。調理師や栄養士の資格をお持ちの方はさらに簡単に取得できます。これは保健所に提出するもので、他にも必要な資格や届出はたくさんあります。 もちろんですが、美容院なら美容師の資格が必要ですし、医院を開業する場合は医師の資格が必要です。
当たり前のことですが、飲食店の場合は調理師の資格がなくてもお店を出すことができるのでご説明させていただきました。他にも警察署や消防署に届ける届け出や資格等もございますので、飲食店 開業費用 すべて完璧に資格を取得してから独立開業して下さい。最低限必要な資格は開業する業種によって異なるのでまたの機会に説明いたします。独立するといっても資金だけでは起業できない分野なので、開業を考えている方は必ず確認しましょう。それらを完全に把握すれば独立はもう目の前です!焦らずゆっくりと資格などを取得して独立開業しましょう。

値下げ品を載せたチラシを本部が用意

Le 20 décembre 2013, 07:16 dans Humeurs 0

だが、13年1~9月の全国のコンビニ売上高は前年同期比3.7%伸びたが、9月末の店舗数は5.5%増えた。 業界全体では1店舗平均の売上高は減った。  加盟店にとって、売上高以上に重要なのは粗利益だ。平均粗利益率は3割前後とされる。 加盟店と本部は、店舗の売上高から仕入れ原価を引いた粗利益を分け合うが、飲食店 開業費用 比率はチェーンや契約形態によっても異なる。 おおむね3~6割が加盟店の取り分だ。  ある中堅チェーンの加盟店オーナーは「10年前に比べて売上高は4割弱減、年収は500万円と半減した」とぼやく。
利益率が1割と低採算のたばこの売上構成比が3割程度に高まっている。コンビニ主要5社の13年度の新規出店数は4500店と過去最高を更新する計画。 競争環境はさらに厳しくなる見込みだ。新商品?サービス開発と並行して、加盟店支援を強めなければ、店舗網の維持?拡大は難しい。  「意外と安いわね」。サークルK南外山店(愛知県小牧市)のオ-ナーの丹羽金義さんからチラシを受け取った稲垣千代子さん(81)は驚いたようすだった。 サークルKサンクスは加盟店の集客支援を狙い、メーカー品の値下げ品目を来春までに2000品目に増やす。 竹内修一社長は「4年前は半径500メートルが商圏だったが、今は200メートル」とみる。 コンビニは高いという印象を払拭するため、値下げ品を載せたチラシを本部が用意。加盟店に配布してもらうことで客の来店を促す。ファミリーマートも値ごろ感を打ち出す。具体的には、次回以降の買い物の支払いに使える「Tポイント」がより多く貯まる商品を増やす。
こうした商品のポイントの原資は本部も負担しており、13年度の加盟店向け支援金は210億円と12年度比15%積み増す。  セブン、ローソン、ファミマのコンビニ大手3社は13年度、そろって営業利益が過去最高を更新する見通し。 その一方、FC加盟店の収益状況は厳しさを増している。本部と加盟店オーナーが口をそろえる「共存共栄」を貫くには、orine より進化した関係を築く必要がある。本部と一定期間のFC契約を結んだ加盟店は全国4万5千店以上ある。 アルバイトやパートを雇い、チェーンの看板を掲げて営業する。
本部は商品やサービスを開発するとともに、弁当などの商品を毎日配送。 「店舗経営相談員」などの名称の担当者が各店を定期的に巡回し、品ぞろえなど経営も助言している。http://orine.jp/tetsuduki/

その中の多くは、個人経営のお店よりも

Le 19 novembre 2013, 09:30 dans Humeurs 0

いまの「パンケーキ?カフェ」は、開業の1年前から、具体的なプランを立て始めました。でも、実は8年前にも「カフェをやろう」と決意したときがありました。 そのとき、門を叩いたのが、女性の起業家支援団体「WWBジャパン」です。その名の通り、女性の起業を応援してくれる市民団体で、起業相談から、ビジネススクール、応援イベント、市民バンクの融資まで、きめ細かいサポート体制が揃っています。 同時、お金のなかった私にとって、とくに魅力だったのは、「市民バンク」。事業計画が認められれば、融資が受けられます。意気揚々と「ビジネススクールの実践コース」を申し込んだ私は、一気に開業!を夢見ていました。 でも、現実は、そう簡単ではなかった!(笑)。同時私が考えていたのは、実は、パンケーキではなく、「ベーカリー?カフェ」。「焼きたてのパンに、野菜をたっぷり使ったメニュー」がコンセプトです。
ところが、授業の中で、みんなのプレゼンテーションを聴いて、具体的な事業計画を練り上げていくうちに、自分の中で「?」マークが付きはじめてしまった??。 いま思えば、「自分が本当にやりたいこと」ではなかったんですね。不動産や経理の知識など、実践的な授業もあって、とても勉強になりましたが、何より、自分のプランを見直す、いいきっかけになりました。そんなわけで、私の夢は、一時封印されたのです。2006年、「パンケーキ?カフェ」がいよいよオープン間近になったころ、飲食店開業 チェーン 「いざ!リベンジ!」とWWBにも相談に行きました。なんと、代表の奥谷さん、私のことを覚えていて下さいました!そして、WWBのイベント「起業家ゆめ見本市」に、参加させてもらうことになったのです。 それは、会場で1日、起業家の卵たちが、来場者に、実際に商品やサービスを提供し、率直な感想をもらうという企画。自分たちの考えたものが、果たして、みんなに受け入れられるのか、という小さなマーケティングです。 私は、もちろんパンケーキを出店。でもこれが、私にとって、本当の試金石になりました。
なぜなら、この会場で、私を知っている人は誰もいないから。過去、たくさんのお客さんに来ていただいた「1日カフェ」。それは、ほとんど私のblog「パンケーキ?カフェ」で、私を応援してくれていた読者でした。みな最初から、私のパンケーキが食べたいと、来てくれたのです。 でも、今回は違います。お客さんにとって、私は出店者のひとりで、「なんだかホットケーキみたいなものを焼いている人」(?)です。だからこそ、パンケーキを見て、どう思ったか、食べてどうだったか、すごく気になるではないですか! 結果は、50食は完売(まずは、よしよし??)。来場者アンケート、第1位!(えっ、ホント?!)そのほとんどが「美味しかった」「また食べたい」という好評価でした。「あぁ、やってよかった!」と、興奮さめやらぬ1日。「どんなトッピングで食べたいか」という、参考になる意見もいただきました。 WWBのみなさんには、その後、店がオープンしてからも、スタッフに食べに来ていただいたり、宣伝してもらったりと、応援をいただいています。 前回の「スクーリングパッド」でも、少し書きましたが、起業に必要なものといえば、「お金」「情報」、フランチャイズ 加盟 そして「人」ではないでしょうか。逆にいえば、「人」を集められれば、「お金」と「情報」は付いてきます。 WWBでは、「起業家応援オークション」というユニークな制度もあります。
起業したい人が、自分の想いや事業プラン、起業する上で自分に足りないもの、応援してほしいことを、会場に呼びかけ、賛同者を募るというもの。 賛同者は、お金に限らず、モノ、情報、労力など、自分たちが応援できることを提供します。たとえば、カフェに賛同する人が、「私はお金は出せないけど、エスプレッソ?マシーンなら提供できるわ」でも、いいんです。 ???そうやって、たくさんの夢が現実になっていく。独立して自分のお店を持ちたい!と言う夢を抱いている方の中には、「カフェ」経営が希望と言う方もいらっしゃることでしょう。最近では、街のあちこちでカフェショップを見かけるようになりました。その中の多くは、個人経営のお店よりも、カフェフランチャイズの種類と言ったところでしょうか。
フランチャイズの大きな魅力はなんと言っても、独立開業のし易さです。すでに、運営に対するノウハウが出来上がっているので、それを指導してもらうだけで、同様のお店が持てると言う安心感があります。それに、既に多数店舗を構えているカフェフランチャイズであれば、知名度も高い上に、フランチャイズ本部が宣伝協力などのサポートをしてくれるので、集客力もよく、個人で1からのスタートに比べたら比較的開業し易いと言うメリットがあります。しかし、フランチャイズを始めるに当たり、それ相当の開業資金が必要になることを忘れてはいけません。考えようによっては、それだけの資金があれば自分のオリジナルカフェが経営できるのも確かです。それに、開業後も、カフェフランチャイズの場合は、本部にロイヤルティを払い続けなければなりません。経営が苦しくなったからと言って、勝手にメニューの価格を変更することもできませんから、常に安定した経営が求められます。http://orine.jp/shikaku/

Voir la suite ≫